ads by ドコイク? 戸建  マンション  賃貸  不動産

2008年11月15日

山口薫展

〜都市と田園のはざまで〜

画家・山口薫(1907-1968)は世田谷・上北沢にアトリエを構え、60歳にて他界するまでの35年間を過ごしました。その間、戦前から戦後にかけて、「自由美術家協会」や「モダンアート協会」を立ち上げて、日本の洋画壇の変革期にその一翼を担い、同時に西洋からの影響を超えて、日本の風土に根ざした独自の絵画世界を創り上げてゆきます。
本展は初期から最晩年までの山口の画業の全貌を、絵画作品から関連資料まで全約140点をもってご紹介する待望の回顧展となります。

日時:開催中〜12月23日(祝)
午前10時〜午後6時(入場は午後5時30分まで)
毎週月曜休館(ただし、24日(祝)は開館、11月25日(火)は休館)
場所:世田谷美術館
観覧料:一般1000円、大・高校生/65歳以上800円、中・小生500円
問い合わせ:世田谷美術館



女性のためのボーナス付医療保険「フェミニーヌ」
posted by たんぽぽ at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 世田谷美術館 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/109717331
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック